ワールドカップカナダ大会 試合前日コメント(佐々木監督、宮間、澤、石清水)

ワールドカップカナダ大会 試合前日コメント

ワールドカップカナダ大会 試合前記者会見

佐々木則夫 なでしこジャパン(日本女子代表)監督
いよいよワールドカップ。あれから4年が経ちました。この4年間に積み重ねたことを、この大会で全員が一丸となっていかに表現できるか。まずは明日のスイス戦に全勢力をかけて頑張っていきたいと思います。今大会も、自分たちが常にイニシアチブを取れるような試合はそうないと思いますし、最後の最後で(勝利を)奪うという、そうしたなでしこらしい姿勢とサッカーをやりつつ、結果を一つ一つ獲っていく。チャンピオンという称号をつけて戦うことは誇りではありますが、今大会も「われわれはチャレンジする」という姿勢に変わりはありません。

佐々木則夫監督2011

MF #8 宮間あや 選手(岡山湯郷Belle)
ワールドカップで優勝してから、もう一度この2015年のワールドカップを取るために時間をかけて準備をしてきたので、ここからはとにかくチームワークと強い気持ちで優勝まで一気にのぼっていけたらと思います。チャンピオンとして臨む初めての大会ではありますが、自分たちとしてはそこまで意識しすぎることなく、また同じ景色をみたいというか、4年前の気持ちと同じようにチームで一番高いところまでいくという思いで臨みたいと思います。

宮間あや インタビュー

MF #10 澤穂希 選手(INAC神戸レオネッサ)
前回のドイツ大会の決勝戦もそうですが、今回も良い雰囲気のスタジアムでしたし、本当にいよいよだなという感じがしました。大会はどうなるかは分かりませんが、今持っているすべての力を出し切るしかありません。みんなが一番高い頂点を目指して頑張っています。結果を残せば、今後の子どもたちにも良い環境をそろえてあげられると思うので、自分たちが先頭を切って結果を残して、サッカーの環境が良くなればいいと思っています。

澤穂希 インタビュー

DF #3 岩清水梓 選手(日テレ・ベレーザ)
スタジアムの人工芝は今までやってきた練習場の人工芝よりもやりやすい感じがしました。芝の密度が高い分、ボールが浮き目なのでロングボールなどは蹴りやすいと思います。大会初戦はやはり難しい戦いになるので、立ち上がりで回避するところは回避するなど、はっきりとしたプレーで対応したいです。前回のドイツ大会でも一試合ずつ成長して、最後まで戦えたので明日も苦しむと思いますが、結果を出しながらチームが成長していくことが理想だと思います。苦しみながらも、やはり結果がほしいです。

岩清水梓 インタビュー

なでしこジャパンの試合予定と放送予定はコチラです。

⇒ 2015FIFA女子ワールドカップ カナダ なでしこジャパン 試合日程と放送予定

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です