なでしこジャパン、川澄奈穂美らスイス戦のサブメンバーが練習を実施

なでしこジャパン、川澄奈穂美らスイス戦のサブメンバーが練習を実施

スイス戦の次の日サブメンバー練習

FIFA女子ワールドカップ カナダ2015の初戦でスイスを1-0で破ったなでしこジャパンは翌6月9日(火)、昨日の試合に出場しなかった選手とプレー時間の短かった選手を中心とした11人が、バンクーバー市内の練習場で午前中にトレーニングを行いました。

選手たちはフィールドプレーヤーとゴールキーパーに分かれて練習を開始。フィールドプレーヤーは、体幹トレーニングやステップワークで体を温めた後、パスを出した後のサポートや動き出すタイミング、パスの強さ、ボールコントロールなど、細かい部分を意識しながらパスワークのトレーニングを行いました。ゴールキーパーはサイドステップからのキャッチング、ゴールマウスに入ってのシュートセービングなどで基本動作を確認しました。

その後はフィールドプレーヤーとゴールキーパーが合流し、ハーフコートで攻撃を中心とした実践練習を行い、コーチ陣からは「パスが弱いぞ」「ボールを見てポジションをとろう」などと指示が飛んでいました。最後は2チームに分かれて、ペナルティーエリア外からのシュートや、ゴール前での数的優位な状態での攻撃、また、4対4のゲームでゴールの本数を勝負するなど、楽しみながらも真剣モードで約1時間のトレーニングを終えました。

なお、前日の試合のスターティングメンバーを含め、出場時間の長かった選手は宿舎でリカバリーを行いました。

スイス戦で負傷退場した安藤梢選手は、試合後の検査の結果、左足腓骨外果骨折と診断されました。治療に専念するため、近日中にチームを離脱することになりました。

JFA公式サイトより

スイス戦翌日 サブメンバー練習風景

次戦、カメルーン代表はスイスとプレースタイルや特徴の違うチームですから、恐らく佐々木則夫監督はこのサブメンバーを多く使ってくるのではないでしょうか。

佐々木監督はW杯メンバー発表の際、

「誰が出ても戦えるような選手を選んだ」

と言っていました。

その言葉通り、全員一丸となって勝利を目指してほしいですね。

なでしこジャパンの試合予定と放送予定はコチラです。

⇒ 2015FIFA女子ワールドカップ カナダ なでしこジャパン 試合日程と放送予定

関連記事

⇒ なでしこジャパン安藤梢の怪我は「左足首骨折」で帰国へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です