【画像】なでしこジャパン 菅澤優衣香プロフィールと経歴【イケメン】

菅澤優衣香 2014アジア競技大会

2014年9月のアジア競技大会では得意のヘディングで4得点を挙げるなど、大活躍だった菅澤優衣香選手。

その勢いで2014年のなでしこリーグで得点女王を獲得しました。(20得点)

素顔はおっとりマイペースだという菅澤優衣香選手のプロフィールと経歴をどうぞ。

菅澤優衣香選手のプロフィール

菅澤優衣香

菅澤優衣香
(すがさわ ゆいか)

生年月日:1990年10月5日

年齢:25歳

出身:千葉県

身長:168cm

体重:62kg

血液型:O型

愛称:ゆいか

所属チーム: ジェフユナイテッド市原・千葉レディース

ポジション:FW

背番号:9(ジェフユナイテッド市原・千葉レディース)

菅澤優衣香

利き足:右足

足のサイズ:26.0?26.5cm

得意なプレー:ヘディング、ポストプレー

趣味:サーフィン

好きなサッカー選手:アレッサンドロ・デルピエロ、フェルナンド・トーレス、リオネル・メッシ

座右の銘:一期一会

ゲン担ぎ:試合が始まる前(入場する時)、左足から入るようにしている

特技:人差し指でボールを回す

菅澤優衣香 ジェフ市原

休日の過ごし方:DVD鑑賞、友達と遊ぶ(遠出)

好きな食べ物:カレー

嫌いな食べ物:スイカ、イクラ

好きなテレビ番組:イッテQ、志村動物園

尊敬する人物:母

この世で一番苦手なモノ:走りとヘビ

好きなアーティスト:sonar pocket、C&K、CLIFEEDGE、LGYなど

好きな(おススメの)本・マンガ:ワンピース、I’ll、DEAR BOYS

好きなスポーツ(サッカー以外):バスケ

自分の性格を一言で表現すると:マイペース

思わず言ってしまう口癖:たしかに

出身小学校:千葉市立幕張西小学校
出身中学校:千葉市立幕張西中学校
出身高校:福島県立富岡高等学校

所属クラブ
FC幕西?FC千葉なのはな?千葉SCレディース?JFAアカデミー福島?アルビレックス新潟レディース?ジェフユナイテッド市原・千葉レディース

アルビレックス新潟シンガポールに所属する菅澤孝也は兄。

菅澤孝也(菅澤孝也)

菅澤優衣香選手の経歴

高校生まで

幼稚園年中(4歳)からサッカーを始める。

千葉市立幕張西小学校時代にはFC幕西で卓越したテクニックで活躍。
6年生時、千葉市トレーニングセンターの韓国遠征メンバーに女子として初めて選ばれる。

千葉市立幕張西中学校時代は、FC千葉なのはな・千葉SCレディースに所属。

菅澤 幕張西中サッカー部時代

(写真は幕張西中サッカー部時代)

高校は福島県立富岡高等学校に通い、JFAアカデミー福島に1期生として入学し、所属。(2006-2008)

2008年
強化指定選手としてアルビレックス新潟レディースでプレー。
(翌年、正式入団)

菅澤 2008

アルビレックス新潟レディース時代

2009年
8月、U-19日本代表候補に選出されるも、AFC U-19女子選手権2009は膝の怪我から出場を辞退。
(日本は優勝。岩渕真奈が大会最優秀選手賞を受賞)

菅澤 2009

12月、サッカー日本女子代表(なでしこジャパン)のチリ遠征のメンバーに初選出
(他に、アルビレックス新潟レディースからは上尾野辺めぐみと川村優理が選ばれた)

2010年
2月、東アジア女子サッカー選手権メンバーに選出。

2010 菅澤

5月、AFC 女子アジアカップ のメンバーに選出。(日本は3位)

7月、U-20女子ワールドカップに出場
(日本はグループリーグ1勝1敗1分で敗退)

8月、なでしこリーグオールスターに選出

菅澤 2010 オールスター

2012年
3月、サッカー日本女子代表(なでしこジャパン)、アルガルベカップのメンバーに選出。
デンマーク戦で代表初ゴール。

アルガルベカップ デンマーク戦 滑り込んで決める菅澤

4月、練習中に左膝前十字靭帯損傷で全治6ヶ月の怪我を負う。

スポンサーリンク

ジェフユナイテッド市原・千葉レディース時代

2013年
ジェフユナイテッド市原・千葉レディースへ移籍

2014年
5月、AFC女子アジアカップ、優勝(日本は初優勝)し、2015ワールドカップカナダ大会出場決定(上位5ヶ国)

9月、第17回アジア競技大会に出場。

第17回アジア競技大会集合写真

2014シーズン、20得点でなでしこリーグで得点女王に輝く。

2015年
3月、アルガルベカップメンバーに選出(12ヶ国中9位に沈む)

6~7月、ワールドカップカナダ大会、準優勝

予選リーグ第2戦、カメルーン戦でW杯初ゴールをヘディングで決める。

菅澤優衣香 カメルーン戦ゴール後

菅澤優衣香選手のプレースタイル

自分の武器をフィジカルの強さ、ジャンプ力、シュート力と言う通り、前線でのポストプレーと打点の高いヘディングが得意な選手です。

2014年の第17回アジア競技大会では、ヨルダン、香港、ベトナム戦で合計4得点をヘディングで記録しました。

「ヘディングシュートもできましたし、海外の選手でも通用するなというのは分かっているので、そこを生かせれば」
と本人も語っています。

菅澤 2011

ですが、代表に選ばれるまでは、ポストプレーで受け、周りにはたく(パスする)ということにとらわれて、自分でゴールを目指すことがなかなかできませんでした。

しかし、代表で佐々木則夫監督や宮間あや選手から「自分で前を向いてシュートを打て」と言われ続け、意識が変わったそうです。

宮間あや選手のエピソード、2014年アジアカップのときにも、ペットボトルにメッセージが書かれています)

そのおかげで2014年はなでしこリーグで20得点を挙げ、得点王になっています。

菅澤2014アジア競技大会ヨルダン戦

2015年に受けたインタビューでも、

「積極的にゴールに向かうこと」
「自分でなるべく前を向いて、ターンしてシュートっていうプレーはどんどん増やしていきたいプレーなので、これを磨いていければいいかなって思ってます」

と語っています。

スポンサーリンク

菅澤優衣香選手の性格

自己紹介で、『自分の性格を一言で表現すると?』という質問に『マイペース』と答えています。

ジェフ千葉の三上尚子監督からも

「おっとり優しいっていう感じなのかなって。あんまり怒ってるのも見たことないし」

という人物評を受けています。

菅澤 笑顔

人としては素晴らしいのでしょうが、FWとしては少し物足りない部分が出てくるかもしれません。

前項でも述べた通り、FWというポジションの選手は自分で前を向いてグイグイとゴールに迫っていくことも求められます。

そして、味方に対しても、「こう動いたときに、こういうパスが欲しい」といった具合に要求することも必要です。

優しすぎる性格だとなかなかそういう部分で苦労するのでしょうが、頑張ってほしいですね。

菅澤 2012 キリンカップチャレンジブラジル戦

(2012年 キリンチャレンジカップ ブラジル女子代表戦でゴール)

本人もその辺は理解しているようで、

「やさしさがプレーにでちゃうとは、よく言われるんで、そういったところを直していかないと、海外の選手には通用しないのかなと思うので、もっとがつがついけるようにしたい」

と語っています。

思わず言ってしまう口癖が「たしかに」というのも、自分のことばかりではなく、人の話をしっかり聞く菅澤選手ならではかな、と思います。

菅澤優衣香選手の動画

【なでしこジャパン国内合宿】2/24 菅澤優衣香インタビュー

2014.5.8 日本vsニュージーランド

菅澤優衣香 走りこみながらのヘディングシュート!

2013年10月27日 なでしこリーグ(上野運動公園競技場?)

ジェフユナイテッド市原・千葉レディース VS 伊賀FCくノ一

少し遠いですが、2点目の打点が高いヘディングゴールが菅澤選手です。

菅澤優衣香選手もゴール。

カメルーン戦のハイライト動画はコチラです

⇒ 【ハイライト動画】なでしこジャパン カメルーン戦 試合結果

W杯開幕直前のインタビューはこちら

⇒ なでしこジャパン菅澤優衣香選手 開幕直前インタビュー動画

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です