【なでしこジャパン】オランダ女子代表、ライナース監督 試合後コメント

オランダ女子代表、ライナース監督 試合後コメント

ライナース監督 オランダ女子代表

入り方は良かったですが、先制されてからパスが雑になってボールを失う場面が多くなりました。

後半少し良くなったものの、再び雑になってしまい、最後の10分は中盤の選手を前に上げて点を獲ろうとしたのですがゴールには至りませんでした。

日本は非常に良いチームで、我々も頑張りましたがほとんどスペースがなくて、欲しいところにボールが来ませんでした。

ですが、こういう大会に出ることで選手は成長できると思います。

ボールポゼッションは日本48%、オランダ52%と上回っていましたが、シュートは日本18本、オランダ12本という結果でした。

後半、オランダの時間帯になることが多くて、あわやというシーンもありましたが、なでしこジャパンのメンバーは全員が体を張って、簡単にはゴールを許しませんでした。

オランダは自慢の3トップの力を生かせず、サイドからなでしこジャパンに崩されたことが敗因だと思います。

ライナース監督の言葉にもあるように少し雑なプレイが目立ちましたから、そこが惜しかったですよね。

ライナース監督とオランダ女子代表の選手たち

なでしこジャパン、次のオーストラリア戦は日本時間6月28日午前5時キックオフ予定です。

日曜日ですから、前日は夜更かしなどせずに早めに寝て、試合観戦に備えましょう!

決勝トーナメント1回戦、オランダ戦のハイライト(動画アリ)はコチラです

⇒ 【ハイライト動画】なでしこジャパン オランダを撃破! 決勝トーナメント1回戦結果【女子W杯】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です