なでしこジャパン 佐々木則夫監督 イングランド戦後コメント【カナダW杯準決勝】

なでしこジャパン 佐々木則夫監督 イングランド戦後コメント【カナダW杯準決勝】

佐々木則夫監督 ワールドカップカナダ大会

<女子W杯:日本2?1イングランド>◇準決勝◇1日◇エドモントン

FIFAランク4位のなでしこジャパンが、2?1で同6位のイングランドを下し、2大会連続の決勝進出を果たした。

日本は前半33分にMF宮間あや主将(30)のPKで先制。

同40分にPKで同点とされたが、終了間際の後半ロスタイムにMF川澄奈穂美(29)の右クロスを相手選手がクリアミスし、これが決勝のオウンゴールとなった。

 佐々木則夫監督(57)は

「みなさんに応援していただいて、後押ししていただいたゴール。思ったよりも前回の疲労が残っていて、1人ひとりのプレーの質はいまひとつでしたけど、勝とうという気持ちが上回った。ファイナルは思い切ってミスを恐れずにやってほしい。ファイナルを目標にしてきた。結果はどうであれ、サッカーを楽しんで、日本のみなさんに元気を届けたい」

と話した。

佐々木則夫監督 イングランド戦前日

公式コメント

今日はタフな試合になりました。

もっと自分たちのサッカーができると予想していたのですが、相手は勢いがあり、非常にシンプルなサッカーを徹底してやってきて、我々はなかなかリズムを変えることができませんでした。

勝因は選手たちの決勝へ行きたいという思いで、決勝へ行けば、安藤選手をバンクーバーに呼べるということもパワーになりました。

オウンゴールは、我々はカウンターでしっかりとチャンスを作り、相手選手が触らなければ、大儀見選手が待っていたので、ゴールが生まれる状況でした。

決勝に行くということが最大の目標でしたので、選手たちはよくやってくれたと思います。決勝では選手たちに思い切ってサッカーを楽しんでもらいたいです。

オーストラリア戦試合前 整列写真

アメリカ女子代表

勝っても負けてもあと一試合。

なでしこジャパンの選手たちには全力を出し切って悔いの残らないようにしてもらいたいですね。

もっとも、筆者なんかが心配しなくても、彼女たちはいつも全力プレーですし、そこがサポーターたちにとっても、心底応援したくなるポイントなんですけどね。

ワールドカップカナダ大会、決勝のアメリカ戦は日本時間7月6日(月)朝8時キックオフです。

お休みの方はもちろん、そうでない方も仕事は午後から行くなど段取りをつけて、精一杯応援しましょう!!

白熱の準決勝ハイライトはコチラです

【ハイライト動画】なでしこジャパン イングランドを撃破! 女子W杯準決勝結果【決勝進出】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です