なでしこジャパン、澤穂希、W杯決勝アメリカ戦で左膝を怪我をしていた

なでしこジャパン、澤穂希、W杯決勝アメリカ戦で左膝を怪我をしていた

INAC神戸 澤穂希

女子W杯日本代表のINAC神戸MF澤穂希(36)が左膝を負傷したことが明らかになった。

10日、神戸、京都両市内の病院で検査を受けて「左膝関節炎」と診断された。半月板や骨、腱(けん)の負傷ではない。

12日のなでしこリーグ岡山湯郷戦(アウェー)は欠場し、患部の腫れがひき次第、復帰する見通しとなった。この日はカナダからの帰国後初めてチーム合流。練習前の円陣には参加したが、練習は行わなかった。

澤は、W杯決勝の米国戦後に左膝の腫れを感じて、痛みもあったために、帰国後の9日に神戸市内の病院で水を抜く処置を行ったという。左膝の負傷は初めて。

澤は

「私もびっくりしたぐらい。いつ(けがに)なったか、というのは全く分からないが。試合後は大丈夫だったが、次の日の朝、腫れていて。(水を抜いて)昨日よりも痛みは収まっています」

と話した。

澤穂希選手、怪我していたんですね。

本人もいつ怪我したのかわからなかったということです。

もしかしたらこの場面かもしれません。

W杯決勝 澤穂希、アビー・ワンバック

ワンバック選手が途中交代で出て来てすぐに、フリーで飛び出しそうになったとき。

澤さんは後ろから削るような格好でタックルし、イエローカードをもらいました。

スポンサーリンク

完全に抜ければ決定的なシーンにもつながりかねない場面でしたから、仕方ないとはいえ、お互いに危ない場面でしたね。

そんな激闘からはや数日、澤選手は左膝の腫を感じて病院へ。

W杯は全試合に出場したわけではないですが、やはり疲労もあったのかもしれません。

「私もびっくりした。(決勝は)アドレナリンが出ていたので、いつこうなったのかまったく分からない。試合中のスライディングした際の打撲か炎症だと思う」

というコメントも出ていますから、本当に気づかなかったようですね。

まあ、あれだけの大一番で真剣にやっていたわけですから無理もありません。

8月1日から始まる東アジアカップの暫定登録メンバーにも選ばれていますが、まだ三週間ほどありますから、ゆっくり休んでしっかり治してほしいですね。

W杯アメリカ戦のハイライトはコチラです。

⇒?【ハイライト動画】なでしこジャパン ?VSアメリカ 決勝戦結果【女子W杯カナダ大会】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です