【なでしこジャパン】 W杯カナダ大会終了後、最新FIFAランキング 【2015.7.10】

【なでしこジャパン】 W杯カナダ大会終了後、最新FIFAランキング 【2015.7.10】

w杯カナダ大会 閉幕式 なでしこジャパン

FIFA(国際サッカー連盟)は10日、女子の最新FIFAランキングを発表した。

 FIFA女子ワールドカップカナダ2015を準優勝で終えた日本は、前回と変わらず4位でアジアトップをキープしている。また、同大会を優勝したアメリカがトップに返り咲いた。

 その他、同大会3位のイングランドが5位に浮上。一方ベスト16で敗退となったスウェーデンは5位から7位に順位を落としている。

 なでしこジャパンは8月に行われるFAFF東アジアカップ2015で、1日に北朝鮮代表と、同4日に韓国代表と、同8日に中国代表と対戦する。

ちなみに、10位までは下の表をどうぞ。

2015.7.10発表のFIFAランキング

ちょっと見づらいと思うので、一応、20位までまとめておきますね。

1位 アメリカ 11位 カナダ
2位 ドイツ 12位 オランダ
3位 フランス 13位 イタリア
4位 日本 14位 中国
5位 イングランド 15位 デンマーク
6位 ブラジル 16位 ニュージーランド
7位 スウェーデン 17位 韓国
8位 北朝鮮 18位 アイスランド
9位 オーストラリア 19位 スペイン
10位 ノルウェー 20位 スコットランド

スポンサーリンク

こうやって見ると、アフリカと南米のチームが入っていませんね。

あまり政治的なことは言いたくないのですが、先進国かつ、女性の社会進出がある程度進んでいる国が多いような気がします。

(北欧なんかそんなイメージですよね。完全にイメージだけですけど)

オーストラリア戦試合前 整列写真

日本も女性の社会進出に関して、色々と取りざたされることがありますけど、相対的には進んでいる方じゃないかと思います。

もちろん、なでしこジャパンの中でもプロ契約を結んでいない選手もいますから、環境が優れているとはまだまだ言えないと思いますけど。

それにしても、なでしこジャパンは準優勝だから2位じゃないのか、なんて一瞬思いますけど、ポイント制だから仕方ないですよね。

1位だったドイツは準決勝まで、3位キープのフランスもベスト8まで勝ち上がってますから、それぞれW杯で勝利した分のポイントが加算されています。

このFIFAのランキングポイントって、実はややこしくて大陸係数とか、大会によってポイントが違ったりとか一見しただけではわかりづらい内容になっています。

かくいう筆者も全然理解していなくて、「なんか面倒臭そうだな~」と思いながらポイントの計算表を眺めていただけです。

今度、ちゃんと調べてから色々とこねくり回してみたいと思っていますが、それがいつになるやらわかりませんw

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です