2015女子W杯カナダ大会決勝 なでしこジャパンVSアメリカ戦の視聴率

2015女子W杯カナダ大会決勝 なでしこジャパンVSアメリカ戦の視聴率

2015W杯 アメリカ女子代表

7日、『FOX Sports』はFIFA女子ワールドカップ2015カナダ決勝の視聴者は平均で2670万人を記録したと報じた。

アメリカ女子代表が5?2でなでしこジャパンを破り、3大会振りの優勝を飾ったこの大会は、メディアの面で記録ずくめとなっている。

6月にはグループステージ最終節の段階で平均500万人、最大630万人の視聴者を集め、前回大会のグループステージと比較して3倍以上に増加していることが報じられていた。

そして迎えた決勝戦では、『FOX Sports』で平均2540万人、スペイン語放送の『Tele Mundo』で平均127万人、合わせておよそ2670万人に平均視聴者数を記録。さらに最大では4320万人に達したという。

これは女子代表の試合の平均視聴者数としては最高の数字で、これまでは1999年W杯決勝の1797万5000人が最高であった。なお、2011年大会の決勝は平均1345万8000人で、今回はほぼ倍になっている。

また、昨年行われたワールドカップ決勝の平均視聴者数は2650万人で、アメリカ男子代表では同大会のポルトガル戦で平均1822万人を記録していた。

前者はアメリカで放送されたサッカーの試合、後者はアメリカ代表サッカーチームの試合で最多の視聴者数であったが、それを両方とも女子代表チームが塗り替えるという歴史に残る試合となった。

ちなみに、コパ・アメリカ決勝の視聴者数は平均146万人であったとのことで、女子W杯決勝がどれだけ大きなコンテンツであったかがうかがえる。

(引用:Qoly)

ワールドカップカナダ大会決勝、なでしこジャパンVSアメリカ戦は、全世界での平均が2670万人だったそうです。

これって結構スゴイ数字ですよね。

といっても、なんだか数が多すぎてあんまりイメージが湧いてきませんけど。

ちなみに、日本での視聴率は関東地区で17.2%だったそうです。

瞬間最高視聴率は試合終了が迫った後半44分の21.8%(午前9時46分)。

(いずれもビデオリサーチ調べ)

スポンサーリンク

ちなみにちなみに、4年前、なでしこジャパンがW杯を制したときは平均視聴率が16.9%でした。

このときは夜中だったので参考にしかなりませんが、同じくらいですから今回もまあまあの注目度だったことは間違いありません。

(2011年の決勝は、午前3時35分~6時30分の生中継でした)

次は、8月1日から中国は武漢で行われるEAFF女子東アジアカップ2015が、なでしこジャパンとしての活躍の舞台となります。

ヤングなでしこでブレイクした、猶本光選手や小原由梨愛選手も予備登録メンバーに選ばれていますから、是非とも最終選考に残って試合に出てほしいですね。

若い世代に経験を積ませるという意味でも国際試合を大事にしてもらいたいと思います。

⇒?【画像】猶本光選手の画像はコチラ

⇒?【画像】小原由梨愛選手の画像はコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です