【画像】なでしこジャパン、京川舞のプロフィールと経歴【かわいい】

【画像】なでしこジャパン、京川舞のプロフィールと経歴【かわいい】

INAC神戸レオネッサ入団以前はFWでプレー、現在もクラブではFW登録(左サイドでの起用が多い)ながら、東アジアカップでは名将佐々木則夫監督により右サイドバックへコンバートされています。

(※2015年3月に行われたラ・マンガU-23国際大会でも右サイドバックとして出場しています。そのときは高倉麻子監督)

京川舞

かつて澤穂希選手をトップ下からボランチへコンバートさせて成功を収めたということもあるだけに、佐々木監督は京川舞選手のスピードとドリブル、飛び出しの上手さがサイドバック向きだと判断したのでしょう。

実際、元FWでサイドバックとして活躍している選手も多くいますし、守備への適性さえあれば両者に求められるものは近いので、もしかしたら京川選手も一気にブレイクするかもしれません。

楽しみですね。

では、かわいくてイケメン(?)な京川舞選手のプロフィールと経歴をご覧ください。

京川舞 INAC神戸

京川舞
(キョウカワ マイ)

生年月日:1993年12月28日

年齢:22歳

出身:茨城県小美玉市(旧美野里町)

身長:161cm

体重:52kg

血液型:A型

愛称:まい、きょうかわ

所属チーム: INAC神戸レオネッサ

ポジション:FW

背番号:14(INAC神戸レオネッサ)

京川舞

利き足:右足

得意なプレー:ワンタッチゴール、背後を生かしたプレー

お手本とするサッカー選手:佐藤寿人(広島)、アレクシス・サンチェス(アーセナル)

サッカーを始めた時期:7歳

趣味・マイブーム:ipadいじり

出身小学校:堅倉小学校
出身中学校:美野里中学校
出身高校:常盤木学園高校(宮城県)

学歴
堅倉小学校 ? 美野里中学校 ? 常盤木学園高校

所属クラブ
堅倉スポーツ少年団 ? 石岡レディース ? KASHIMA-LSC(鹿島レディース) ? 常盤木学園高校 ? INAC神戸レオネッサ

代表初出場
2012年2月29日、アルガルベカップ、ノルウェー戦後半38分から途中出場

京川舞選手 シャトルラン中

京川舞選手の経歴

小学校2年生時に堅倉スポーツ少年団でサッカーを始める。(石岡レディースにも所属)

京川舞 少女時代

中学校は男子サッカー部の練習に加わりながら、KASHIMA-LSC(鹿島レディース)でプレーし、2年生時から頭角を現す。
中学3年時にU-15日本女子代表に選出される。

2009年
常盤木学園高校へ進学。

2010年
全日本女子選手権(現・皇后杯)では日テレ・ベレーザを破り、ベスト8進出。

京川舞 常盤木学園

U-17 ワールドカップに出場。準優勝を経験。

2011年
前年より、常盤木学園が所属していた「なでしこチャレンジリーグEAST」(東ディビジョン)で15試合出場24ゴールを挙げ、2位に12点差の得点王となる。

京川舞 2011 なでしこチャレンジリーグEAST

AFC U-19女子選手権で日本を優勝に導く。得点女王と最優秀選手となる。

2011 U-19女子代表

2009年、2011年は全国高校女子サッカー選手権大会で優勝。
2010年、2011年はなでしこチャレンジリーグEASTで優勝。

2012年
1月22日、仲田歩夢、田中陽子と共にINAC神戸レオネッサへの入団を発表。

仲田歩夢、京川舞、田中陽子

2月、アルガルベカップでなでしこジャパンに初選出。
2月29日、アルガルベカップ、ノルウェー戦後半38分から途中出場

京川舞 デンマーク戦2012

画像は代表初スタメンのデンマーク戦

4月、リーグ戦開幕からレギュラーポジションをつかみ、4試合連続ゴール。

京川舞 リーグ戦初ゴールを決める
5月13日の伊賀FCくノ一戦で左内側側副靱帯および内側半月板損傷、更に前十字靱帯断裂の重傷を負い、全治6か月

12月16日、皇后杯、AS狭山戦217日ぶりに実戦復帰。(後半31分からの途中出場、試合は4-0でINAC神戸の勝利)

2013年
3月17日、シアトルレインFC(アメリカ)との親善試合で再び左膝を痛める。
4月9日、実戦復帰を目指していた練習中、左膝半月板を損傷し、全治1?2か月の診断を受ける。

7月、INAC神戸での実戦練習に復帰

2015年
3月、U-23 女子日本代表に選出、ラ・マンガU-23国際大会に出場。

8月、東アジアカップ日本代表に選出される。

京川舞選手の獲得タイトル

所属チーム

常盤木学園高等学校サッカー部

全国高校女子サッカー選手権大会:2回(2009年、2011年)
チャレンジリーグEAST:2回(2010年、2011年)

INAC神戸レオネッサ

日本女子サッカーリーグ:2回(2012年、2013年)
皇后杯全日本女子サッカー選手権大会:2回(2012年、2013年)
なでしこリーグカップ:1回(2013年)
日韓女子リーグチャンピオンシップ:1回(2012年)
日本代表
AFC U-19女子選手権:1回(2011年)

個人

AFC U-16女子選手権2009:得点王
AFC U-19女子選手権2011:最優秀選手、得点王
チャレンジリーグEAST最優秀選手:1回(2011年)
チャレンジリーグEAST得点王:1回(2011年)

スポンサーリンク

京川舞選手のプレースタイル

元々、FWで点取り屋だったこともあり、ドリブルと裏への飛び出しが上手いという評価でした。
佐藤寿人選手や元バルセロナのアレクシス・サンチェス選手(現アーセナル)を参考にしていたと本人が語る通り、得点に結びつくプレーを心掛けていました。

しかし、怪我からの復帰後はトップから一つ下がった攻撃的MF、サイドハーフとしての出場が多くなり、ゴール一つ手前でのプレーにも磨きがかかってきています。

京川舞

とはいえ、ゴールへの意識は消えておらず、実際に2015年のなでしこリーグでは13節(7月26日まで)で6ゴールを挙げています。

しかも、東アジアカップによる中断前は3試合連続ゴールを決めており、絶好調で東アジアカップに臨めるという状態です。
(スペランツァFC大阪高槻戦、伊賀FCくノ一戦、ASエルフェン埼玉戦)

京川舞選手の怪我の原因

京川舞選手が左内側側副靱帯および内側半月板損傷、前十字靱帯断裂という大怪我を負ったのは接触プレーのときではなく、試合中にターンをしたときでした。

怪我の原因としては女子アスリートにはよくある、つま先が外へ向き、膝が内側に入ったことにより、大腿骨が靭帯を引きちぎったようになったのだと推測されます。

負傷し、担架で運ばれる京川舞

これは東アジアカップ直前の7月30日に左膝前十字靭帯を損傷した小原由梨亜選手と似たケースだと考えられます。

こちらの記事で、詳しく怪我のメカニズムを紹介していますので、どうぞ。

⇒?【なでしこジャパン】小原由梨愛、左膝靭帯損傷で全治6カ月【膝靭帯損傷のメカニズム】

スポンサーリンク

京川舞選手の子供の頃のエピソード

父、京川誠さん談

サッカーを始めたばかりの小学校2年生の夏、試合中に相手の選手の足が顎にあたり、前歯で舌を噛んでしまったことがあったそうです。

「舌が2カ所、貫通していて、縫うことになりました。麻酔を使えないので『お父さん、後ろでおさえてください』と言われ、泣き叫ぶ舞を押さえ、2針ずつ縫いました。
その直後、私が家に帰ろうと言ったら、舞は『いやだ、試合会場にもどる』と言う。『まだ試合の途中だから逃げ出したくない。試合に出るんだ』と手術のときより泣くんですよ」

そのとき誠さんは、「こいつはサッカーで死んでも悔いはないんだろう」と思ったそうです。

処置後、すぐに会場に戻ったものの、もちろん試合には出してもらえず。
しかし、仲間の試合を見守った京川選手は「お腹が空いた」と、おにぎりを2つ平らげ、誠さんを驚かせたといいます。

「とにかく、負けず嫌いなんです。男子とサッカーしても、高校生や大人と試合しても負けたくない。だからこそ、努力はいとわないんですね。
家でも毎日練習していましたし、ボールも10個くらいは潰したんじゃないでしょうか」

京川選手の性格が伝わって来るエピソードですね。

京川舞選手と岩渕真奈選手

一時期、似ていると噂になっていましたが、よく見ると全然似ていません。

色黒なところくらいですかね。あ、小動物系なところも似ているかも。

どうやら同じFWというポジションで、ドリブルが得意、しかも同年代(生まれ年は同じ、学年は岩渕が一つ上)というところから比較されるということもあるのかもしれません。

写真を並べてみますのでご覧ください。

京川舞 INAC神戸

京川舞選手

岩渕真奈

岩渕真奈選手

岩渕真奈選手のプロフィールはコチラです。

【画像】なでしこジャパンのかわいい系NO.1? 岩渕真奈選手(プロフィール)

京川舞選手の動画

asics、「DSライト X-FLY women」インタビュー

赤面!! なでしこジャパン、田中陽子と京川舞の恋愛裏話で大爆笑!?

京川舞選手も出場した東アジアカップ、北朝鮮戦のハイライトです。

【ハイライト動画】なでしこジャパン ?VS北朝鮮【東アジアカップ2015】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です