【画像】なでしこジャパン 山根恵里奈選手のプロフィールと経歴

【画像】なでしこジャパン 山根恵里奈選手のプロフィールと経歴

日本サッカー協会(JFA)が未来のなでしこGKを育成する目的で立ち上げた『スーパー少女プロジェクト』で選ばれた山根恵里奈選手。

今やなでしこジャパンに欠かせない選手に成長しました。

そんな山根恵里奈選手のプロフィールと経歴をどうぞ。

山根恵里奈

山根恵里奈
(ヤマネ エリナ)

生年月日:1990年12月20日

年齢:25歳

出身:広島県広島市南区

身長:187cm

体重:76kg

血液型:O型

愛称:えりな

所属チーム: ジェフユナイテッド市原・千葉レディース

ポジション:GK

背番号:17(ジェフユナイテッド市原・千葉レディース)

利き足:右足

足のサイズ:28.5cm

趣味:珈琲を飲みボーッとすること

試合前のゲン担ぎ:(練習の時から)ソックスを左足から履くことと、グローブを右手から付けること

山根恵里奈 リーグ戦 VS INAC神戸

出身小学校:広島市立宇品東小学校
出身中学校:広島市立宇品中学校
出身高校:福島県立富岡高等学校卒業(JFAアカデミー福島)

学歴
広島市立宇品東小学校 ? 広島市立宇品中学校 ? 福島県立富岡高校

所属クラブ
宇品東少年SS ? 広島大河FCレディース ? 広島女子ユース蹴命FC(U-15女子広島トレセン) ? フレッチェスクール ? JFAアカデミー福島 ? 東京電力女子サッカー部マリーゼ ? ジェフユナイテッド市原・千葉レディース

代表初出場
2010年1月15日、ビセンテニアル杯チリ戦

スポンサーリンク

山根恵里奈選手の経歴

小学3年生のとき、当時から背が高かったのでバレーをしようと思ったが、当時宇品東小にバレー部がなかった。
担任に相談したところ、サッカー部を勧められて、宇品東少年SSに入団。

2003年、広島市立宇品中学校に入学。
サッカー部には所属せず、広島大河FCレディースでプレー。当時はDFだった。

2004年、中学2年生のときに、日本サッカー協会(JFA)が未来のなでしこGKを育成する目的で立ち上げた『スーパー少女プロジェクト』の一員に選ばれた。
これがきっかけでGKに転向。

山根恵里奈 スーパー少女プロジェクト

U-15女子広島トレセン、『広島女子ユース蹴命FC』に選出。

全日本女子ユースサッカー選手権大会 (U-15)に出場。

2005年、サンフレッチェ広島下部組織の女子スクールにあたる「フレッチェスクール」に短期間ながら通う。

中学3年間で身長が21cm伸びる。(184cm)

2006年、JFAアカデミー福島に1期生として入団。同時に、福島県立富岡高等学校に越境入学。

2007年、AFC U-19女子選手権

2008年、2008 FIFA U-20女子ワールドカップ
日本はベスト8で北朝鮮に0-1で敗れる。
チームには現在、なでしこジャパンで活躍中の宇津木瑠美、田中明日菜、永里亜紗乃らがいた。

2009年、東京電力に就職。東京電力女子サッカー部マリーゼに入団。

山根恵里菜、東京電力女子サッカー部マリーゼ入団発表

12月、なでしこジャパンに初選出。

山根恵里菜 東京電力女子サッカー部マリーゼ時代

2010年、1月15日ビセンテニアル杯 対チリ戦でなでしこジャパン初先発。

7?8月、U-20女子ワールドカップに出場。日本は予選リーグ敗退。(1勝1敗1分)

2010 U-20女子ワールドカップ前遠征

(写真はU-20女子ワールドカップ前、ドイツ遠征時のもの)

2011年、東京電力女子サッカー部マリーゼが福島第一原発事故の影響で活動を自粛。

9月28日、マリーゼが正式に休部。
山根恵里奈自身も足の疲労骨折や腰のヘルニアなどがあり、1年以上、サッカーから離れざるを得ない状況となる。

2012年、ジェフユナイテッド市原・千葉レディースに入団。

ロンドン五輪のバックアップメンバーに選出。

山根恵里奈 ロンドン五輪バックアップメンバー

2013年、アルガルベカップメンバーに選出。

2014年、5月 アジアカップ初優勝に貢献。

2014アジアカップ優勝 なでしこジャパン

なでしこリーグ、リーグ戦フル出場。

2015年

3月、アルガルベカップメンバーに選出されるも、12チーム中9位に沈む。

6?7月、W杯カナダ大会メンバーに選出。準優勝を経験。

ワールドカップカナダ大会 スイス戦前集合写真

当初、正GKとの声もあったが、初戦のスイス戦で右肩を脱臼し、出場はその一試合に留まる。

8月、東アジアカップに出場。1勝1敗1分で終える。

山根恵里菜 東アジアカップ2015

山根恵里奈選手のエピソード

2011年、東日本大震災、原発事故の影響で東京電力女子サッカー部マリーゼが無期限の活動停止を発表しました。

しかも、山根選手自身も合計3度にも及んだ足の疲労骨折、ヘルニアによる腰痛も重なり、一時は「もうサッカーはできないな」と諦めかけたそうです。

それでも、彼女が再びピッチに戻って来たのには、「恩返しをしなければ」という気持ちがあったからだそうです。

「震災後、ボランティア活動に参加する機会がありました。
楢葉町役場のお手伝いに行ったとき、何人かの方に『サッカーやってんの?』と聞かれて、怪我もあったので返事に困っていると、『また応援に行くから、怪我を治して』と言ってもらえたんです。
アカデミーを卒業してマリーゼでプレーしていた私は、東京電力社員である前にサッカーをやってる子だったんです。
そのとき、私が一番やらなきゃいけないのは、私のプレーを楽しみにしてくれている人のために、もう一度ピッチに立つことだと思ったんです。
それが恩返しになるって」

その想いを胸に山根選手は2012年、ジェフレディースに移籍し、再び輝きを放ち始めます。

同年ロンドン五輪のバックアップメンバーに選出。

山根恵里奈

2013年に、なでしこジャパンにも復帰し、アルガルベカップに出場。

2014年は、初めてリーグ戦フル出場を果たしました。

「チームの状態や雰囲気、試合の流れが見えるようになりました。
ちょっとした変化に気づいてチームメイトに声をかけられるようになったのは、一つの発見です」

そういうコメントを残している山根選手。

W杯カナダ大会は怪我もあり、残念でしたが、これからは確実に日本のゴールマウスを守る中心的存在になるわけですから、頑張ってほしいですね。

スポンサーリンク

山根恵里奈選手の身長に関するこぼれ話

山根恵里奈選手のご家族の身長は、お父さん178cm、お母さん173cm、お姉さん178cmだそうです。

お母さんの身長が一般女性を大きく上回っているから娘さん2人が大きくなったんでしょうかね。

ちなみに、カナダW杯では、フランスのDF、ウンディ・ルナールと並んで最長身でした。

(ウンディ・ルナールはフランス1部、オリンピック・リヨンで熊谷紗希と共にプレーしている)

熊谷紗希 オリンピック・リヨン集合写真

(後列、向かって左から3番目がウンディ・ルナール、右端が熊谷)

身長に関する本人談

「一つの武器であり、大きなコンプレックスです。高くていいと感じたことは一度もありません。
デカいだけと思われるのが嫌だし、それを打ち破れない自分が悪いとは思うんですけど……。
プレーしているとき、『それ届いちゃう?』みたいな感じで会場がざわめくのは気持ちいいですが、日常生活では永遠に嫌い。
だって、商品棚の上に頭が出ちゃうんですよ。探してたのは向こうの列かって見えちゃうんですから」

だそうです。

やはり背の大きな人特有の悩みがあるんですね。

山根恵里菜選手の動画

2012年 なでしこジャパンGK候補 山根恵里奈[コレカラプロジェクト]#4

⇒ なでしこジャパン山根恵里奈選手 開幕直前インタビュー動画

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です