【画像】かわいい?イケメン?上尾野辺めぐみ選手のプロフィールをどうぞ

上尾野辺めぐみ選手1

かわいいともイケメンとも言われる上尾野辺めぐみ選手。

それは普段見せる愛くるしい笑顔と、ピッチに立ったときの凛々しい姿から受ける印象が違うからでしょうね。

そんな上尾野辺めぐみ選手のプロフィールと経歴、プレースタイルなどをまとめてみました。

画像と共にどうぞ。

上尾野辺めぐみ選手のプロフィール

上尾野辺めぐみ
上尾野辺めぐみ
(かみおのべ めぐみ)

生年月日:1986年3月15日

年齢:30歳

出身:神奈川県横浜市瀬谷区

身長:157cm

体重:50kg

血液型:B

愛称:めぐ

所属チーム:アルビレックス新潟レディース

ポジション:MF、DF

背番号:10(アルビレックス新潟レディース)

上尾野辺めぐみ選手2

利き足:左足

足のサイズ : 25cm

好きなサッカー選手:コウチーニョ選手、柿谷曜一朗選手

好きなアーティスト:Superfly

好物:寿司(特にうに)

神奈川県立商工高等学校商業科 ⇒ 武蔵丘短期大学(埼玉)

林間サッカークラブレモンズ(大和市)?大和シルフィードでは高校卒業まで同級生の川澄奈穂美と一緒にプレーしていた。

上尾野辺めぐみ選手の経歴

小学校時代(1992年?1998年)

幼稚園在籍中の5歳のとき、原フットボールクラブにてサッカーを始める。

原小学校2年のとき、同い年の川澄奈穂美(INAC神戸)が所属していた林間SCレモンズに入団。

1997年

6年生時に、全国大会3位入賞。

上尾野辺めぐみ選手3

同じく97年の清水カップでは、日本平スタジアムにおける決勝戦でFC今宿を破り、全国32チームの頂点に立った。

1‐0の決勝点は、川澄からのスルーパスを受けた上尾野辺の左足から生まれた。
この活躍もあり、同大会のMVPを獲得する。

中学校、高校時代(1998年?2004年)

原中学入学と同時に大和シルフィードに第1期生として入団。(川澄奈穂美も一緒)
県立商工高時代も大和シルフィードでサッカーを続ける。

2003年(高校3年時)
全日本女子フットサル選手権大会の前身であるティファールカップで優勝。

武蔵丘短期大学時代(2004年?2006年)

埼玉の武蔵丘短大に入学。(健康生活科健康体育専攻14期)
女子サッカー部(武蔵丘短大シエンシア)でインカレ準優勝。

2005年
ユニバーシアード代表に選出され、銅メダルを獲得。

アルビレックス新潟レディース時代(2006年?)

上尾野辺めぐみ選手5
2006年
アルビレックス新潟(当時、なでしこリーグ2部)入団。
加入初年度から21試合に出場。
17ゴールを挙げ、チームの一部昇格に貢献。

2009年
7月のヨーロッパ遠征(国際親善試合)で、日本代表に初召集される。
8月1日のフランス戦(国際親善試合)で代表デビュー。

上尾野辺めぐみ選手6

なでしこリーグのベストイレブン(MF部門3選手)を初受賞

2010年
5月、2010 AFC女子アジアカップに出場。(3位)
ミャンマー戦で代表初得点を記録。

上尾野辺めぐみ選手7

11月、アジア競技大会でアジア制覇上尾野辺めぐみ選手9

なでしこリーグオールスターで最優秀選手賞を獲得

2011年
ドイツW杯、なでしこジャパン(日本代表)で優勝

2015-05-23_12h23_40

しかし、上尾野辺の出場時間は1分+ロスタイムのみだった。
(準決勝スウェーデン戦の後半44分、宮間あやとの交代で左サイドハーフとして出場)

2012年
7?8月、ロンドンオリンピックにバックアップメンバーとしてチームに帯同。
出場機会はなかった。

上尾野辺めぐみ選手10
なでしこジャパンは決勝でアメリカに敗れ、銀メダル

2014年
AFC女子アジアカップ優勝
アルガルヴェ・カップ準優勝

2015年

3月、アルガルベカップ9位に沈む。

6~7月、ワールドカップカナダ大会、準優勝

エクアドル戦 上尾野辺めぐみ

スポンサーリンク

上尾野辺めぐみ選手のプレースタイル

左利きのユーティリティプレイヤーです。

上尾野辺選手13

学生時代は最前線でプレーしていましたが、新潟加入後は中盤へ配置転換されました。

元々、柔らかなボールタッチと高いキープ力、非凡なパスセンスが彼女の特徴だったので、司令塔のポジションが最適だったのかもしれませんね。

武器は相手の背後を狙うスルーパスやクロスですが、ときに見せる強烈なミドルシュートも見ものですよ。

代表では佐々木則夫監督から左サイドバックへコンバートされましたが、見事に対応してみせました。

上尾野辺選手19

上尾野辺めぐみ選手の性格

本人曰く「めんどくさがり」だそうです。

だからでしょう、思わず言ってしまう口癖は「めんどい」。

上尾野辺選手14

しかも、パワースポットは「自分の家」だそうですから、休みの日は家にいることが多いのかもしれませんね。

スポンサーリンク

戦友、川澄奈穂美

林間SCレモンズ?大和シルフィードで一緒だった川澄奈穂美とは仲が良く、小学生のときは似たような体格だったせいで双子と間違われたこともあったそうです。

上尾野辺選手、川澄選手

林間SCレモンズでの恩師、加藤貞行氏によれば、「上尾野辺の技量を10とすれば、川澄は6。それくらい、上尾野辺はうまかった」とのこと。

上尾野辺めぐみ選手の現在の仕事は?

上尾野辺選手は2012年、アルビレックス新潟と「クラブ社員」として雇用、勤務する旨の契約を結びました。
実質プロ契約と言ってよいでしょう。

上尾野辺選手12

それまでは財団法人新潟県体育協会で育成指導者として勤務していました。

クラブ社員契約以降は、新潟県内の女子サッカーの普及・発展に貢献するため、サッカースクールコーチ、スクール巡回指導などを行なっています。

上尾野辺めぐみ選手のこぼれ話

アルビレックス新潟レディース入団4年目の09年7月、怠慢なプレーがあったとして当時の監督、奥山達之からベンチ外を告げられました。

上尾野辺選手16

奥山監督は上尾野辺の実力を認めた上で、チームの主力である彼女がそういう態度でサッカーに取り組むことが周囲に良い影響を与えないと叱咤。

これで心を入れ替えた上尾野辺は目を覚ましました。
同年、なでしこリーグのベストイレブン(MF部門3選手)を初受賞するなどそれまで以上の活躍を見せ、なでしこジャパンの仏遠征で代表デビューを果たしました。

上尾野辺選手17

2013年からはチームでキャプテンを務めています。
名実共に、アルビレックス新潟レディースの中心選手ですね。

そんな上尾野辺めぐみ選手のスーパーゴールをどうぞ。

W杯本大会でもこんなゴールが見てみたいです。
DFでの出場だと難しいかもしれませんが。

でも、期待しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です