なでしこジャパンの好敵手 アビー・ワンバック(35)引退発表!!

なでしこジャパンの好敵手 アビー・ワンバック(35)引退発表!!

アビー・ワンバック

アメリカサッカー連盟が27日、同国女子代表FWアビー・ワンバックの現役引退を、同連盟の公式HPで発表した。

現在35歳のワンバックは、2001年9月ドイツ女子代表戦にて当時21歳で代表デビュー。それから約14年、代表のエースとして長きに渡りチームをけん引し、通算252試合の出場で、男女通じて代表での世界最多得点となる通算184ゴールを記録した。同選手が得点を挙げた試合で、同代表は116勝2分8敗の成績を残している。

また、2004年の北京大会と2012年のロンドン大会で、2度のオリンピック出場を果たし、ともに金メダルを獲得。ワールドカップでは4大会に出場し、直近のカナダ・女子ワールドカップ2015で優勝を果たした。同選手は、オリンピックで通算10試合に出場し9ゴール、ワールドカップで通算25試合に出場し14ゴールを記録。ともにアメリカ女子代表の最多得点記録を保持している。2012年にはFIFA最優秀選手賞を受賞した。

ワンバックは、同HPを通じて、「何度も慎重に考え、友人や家族、チームメイトやコーチスタッフたちと話した後、最終的にキャリアを終わらせることを決断しました。まだまだ女子サッカーにおいて取り組むことはありますが、この夏にワールドカップをアメリカへ持ち帰った後、私はこのスポーツの未来は明るいと、気楽に感じています。とても素晴らしく、すてきな時間を過ごしてこれました。人生の第2章での出会いを楽しみにしています」とコメントした。

なお、カナダ女子ワールドカップ優勝を祝う「ビクトリーツアー」を開催しているアメリカ女子代表は、12月16日にニューオーリンズで行われる最終戦で中国女子代表と対戦。同試合がワンバックにとって現役最後の試合となる予定。

スポンサーリンク

なでしこジャパンにとっては、何度となく日本の前に立ちはだかり、跳ね返してくれた大きな存在でした。

今はただお疲れ様という言葉を送りたいですね。

年内で引退のようですが、ゆっくりとこれまでの激闘の疲れを癒して、第二の人生に向かって歩んで行っていただきたいです。

願わくば、またなでしこジャパンを苦しめるような後進の若手を指導してほしいですね。

ワンバック選手、本当にお疲れ様でした。

大儀見選手も盟友を称賛するコメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です