【画像】なでしこジャパン、原菜摘子のプロフィールと経歴【ギャルかわいい】

【画像】なでしこジャパン、原菜摘子のプロフィールと経歴【ギャルかわいい】

今年の元旦(2015年1月1日)に行なわれた皇后杯決勝ではその活躍もさながら、ギャルっぽいメイクでも話題になった原菜摘子選手。

残念ながら最近は、なでしこジャパン(サッカー女子代表)で見ることはできませんが、その実力は折り紙付きで、なでしこリーグに詳しい人たちからはなぜ代表に招集すらされないのかという疑問の声が上がっているほどです。

宮間あや選手の後継者にふさわしいと言われるほどのテクニックを持った原菜摘子選手のプロフィールと経歴をチェックしましょう。

原菜摘子選手のプロフィール

原菜摘子

原 菜摘子

(ハラナツコ)

生年月日:1989年3月1日

年齢:28歳

出身:東京都青梅市

身長:155cm

体重:44kg

血液型:A型

愛称:はらちゃん、なつこ

所属チーム: 日テレ・ベレーザ

ポジション:MF

背番号:10( 日テレ・ベレーザ)

利き足:右足

足のサイズ:22cm

原菜摘子 試合中

サッカーをはじめたきっかけ:父と姉の影響

サッカーを始めた時期:6歳(小1)

自分の部屋にあるお気に入りのもの:弥生ちゃんにもらったソファー、エムールのベッド

座右の銘:泣くな、はらちゃん

学歴
東京都青梅市立第三小学校 ? 東京都青梅市立第三中学校 ? 立川女子高校 ? 国士舘大学

所属クラブ
青梅新町FC女子 ? 日テレ・メニーナ ? 日テレ・ベレーザ

スポンサーリンク

原菜摘子選手の経歴

父と姉の影響で小学校一年生のときにサッカーを始める

青梅市立第三中学校在学中に、日テレ・ベレーザの下部組織、日テレ・メニーナに入団。

2005年

AFC U-17女子選手権に日本代表主将として挑み、優勝に貢献。大会MVPにも選ばれる。

AFC U-17女子選手権 優勝

AFC U-17 MVP 原菜摘子

AFC(アジアサッカー連盟)のユース年間最優秀女子プレーヤーに選出される。

2006年

メニーナとベレーザで二重登録。(下部組織選手登録)

原選手

2007年

ベレーザ専属選手登録される。

2008年までは、同ポジションにベテランの澤穂希や小林弥生などがいたため出場機会は少なかった。

U-19代表合宿参加。

原菜摘子 U-19代表合宿参加

2008年

11月、FIFA U-20女子ワールドカップでベスト8

(決勝トーナメント一回戦で北朝鮮に1-2の敗戦)

u-20W杯 チリ大会 原

グループリーグ第2戦、ドイツ戦でドリブル突破を試みる原

2009年

澤がアメリカへ移籍すると空いた中盤のレギュラーを獲得した。

BICENNTENIAL WOMAN’S CUP 2010(開催国:チリ)に参加するなでしこジャパンのメンバーに選ばれた。

2010年

日本女子代表として、BICENNTENIAL WOMAN’S CUP 2010に出場。(チリ遠征)

1月13日、第一戦、デンマーク戦では前半14分に決勝ゴールとなる山口麻美のゴールをアシストし、1-0で勝利する。

2010 BICENNTENIAL WOMAN'S CUP 2010 第1戦

1月15日、チリ戦(1-1でドロー)、1月21日コロンビア戦(4-2で勝利)、1月23日アルゼンチン戦(3-0で勝利)

大会通算、3勝1分で優勝を決める。

チリ遠征、優勝

この年、日テレ・ベレーザはリーグカップ、リーグともに優勝

第31回前日本女子サッカー選手権大会優勝 日テレベレーザ

出典:http://omesports.exblog.jp/12607493/

2012年

なでしこリーグ優勝。

なでしこリーグ2012決勝

2015年

1月1日、第36回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会優勝

皇后杯優勝

なでしこリーグ、レギュラーシリーズ、エキサイティングシリーズともに優勝。

なでしこリーグ、エキサイティングシリーズ優勝

2016年

1月19日、日テレ・ベレーザより引退が発表された。

原菜摘子選手コメント
「この度、2015シーズンをもちまして引退することにしました。
14年間、このクラブで最高の仲間、スタッフ、環境のもと、大きなケガもなくのびのびプレーできたこと、そして長い間応援して下さった皆さまに感謝の気持ちでいっぱいです。
サッカーを通してたくさんの人に出会い、色々な経験を得て、やんちゃだった私も人として少しは成長できたかなと思います。
苦しい時期もありましたが、昨シーズンは5年ぶりにリーグ優勝し、ベストイレブンにも選ばれ、最高の一年となりました。
これからは、大好きなヴェルディファミリーの一員として、みんなを全力で応援していきたいと思います。
長い間本当にありがとうございました」

スポンサーリンク

代表歴と獲得タイトル

2005 U-17日本女子代表 AFC U-17女子選手権優勝、最優秀選手、フェアプレー賞、アジア年間最優秀選手賞
2005 U-18日本女子代表 U-18 アディダスカップ、日・中・韓国際女子サッカー大会
2006 なでしこリーグ優勝
2006 U-19日本女子代表 AFC U-19女子選手権4位
2007 なでしこリーグ優勝、なでしこリーグカップ優勝
2007 U-19日本女子代表 AFC U-19女子選手権準優勝
2008 なでしこリーグカップ優勝、全日本女子サッカー選手権大会優勝
2008 U-20日本女子代表 FIFA U-20女子ワールドカップベスト8
2009 全日本女子サッカー選手権大会優勝
2010 日本女子代表(なでしこジャパン) BICENNTENIAL WOMAN’S CUP 2010
2010 なでしこリーグカップ優勝
2010 なでしこリーグ優勝
2012 なでしこリーグカップ優勝
2014 第36回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会優勝
2015?なでしこリーグ優勝(年間女王)

原菜摘子選手のプレースタイル

原 トレーニング中

豊富な運動量で90分間を走り切り、ピッチのどこにでも顔を出してプレスをかけ、守備時にはときに激しいタックルでボールを奪う。

ポジショニングが良く、足元の技術が高いので、滅多にボールを失わず、確実に味方へワンタッチ、ツータッチでの正確なパスを通す。

小柄ゆえにフィジカル面で劣るが、近年は容易に倒されるということも少なくなった。

原菜摘子選手の動画

股抜きフェイント

2015年12月23日皇后杯準決勝 ディフェンスからのラストパス

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です