【なでしこジャパン】W杯制覇時の正GK 海堀あゆみが現役引退

【なでしこジャパン】W杯制覇時の正GK 海堀あゆみが現役引退

海堀あゆみ

なでしこジャパンのGK海堀あゆみ(29=INAC神戸)が1月15日、現役引退を表明した。所属クラブを通じて「身体のパフォーマンスが以前に比べて上がらなくなり、日々一番のライバルである自分自身に勝てなくなったからです」と引退理由を説明した。

昨年末の皇后杯優勝後にクラブ側に意思を伝えた。当初、前日14日に発表された日本代表メンバーにも入っており、クラブから翻意を促されたが、意思は固かった。日々、最後までグラウンドに残って練習するストイックな性格で「納得いく状態まで上げられなくなった以上、選手を続けることは信条に反すると考え、決断にいたりました」。関係者は「皇后杯の優勝で満足した部分もあったのでしょう」と話した。

海堀は長くなでしこジャパンの守護神として活躍。11年W杯ドイツ大会決勝米国戦はPK戦で相手のキックを2本ストップ。決勝戦のMVPに輝いて初優勝の原動力になった。昨年の同カナダ大会準優勝にも貢献した。

「今後のことは何も決まっていません」としたが、30日に行われるクラブのファン感謝祭は参加する予定。同日は昨季限りで引退した澤穂希さんも来場する。

スポンサーリンク

以下、海堀あゆみ本人のコメント

「私、INAC神戸レオネッサの海堀あゆみは2015年シーズンをもちまして現役を引退する事を決意いたしました事をご報告させていただきます。
理由としましては、身体のパフォーマンスが以前に比べて上がらなくなり、日々一番のライバルである自分自身に勝てなくなったからです。
私自身、選手として常に最高のパフォーマンスを出す事を信条にトレーニングしてまいりましたが納得のいく状態まであげられなくなった以上、選手を続ける事は信条に反すると考え、決断に至りました」

「サッカー人生を振り返ると、楽しいこと事ばかりではありませんでしたが、苦しい時も厳しい時も、温かいファンの皆様、サポーター、チームメイト、友人、家族など本当に沢山の方々に支えられ、選手としてプレーする事ができたことを幸せに思い感謝しています。
そして多くの方に出会えたことを嬉しく思っています」

「改めて、INAC神戸レオネッサチーム関係者、女子サッカー関係者、ファンの皆様、サポーターの皆様、所属したスペランツァFC高槻、INAC神戸レオネッサの監督をはじめスタッフ、チームメイト、友人、家族と、私の支えとなり応援して下さった全ての皆様に感謝します。
力の限りの声援をいただいたことはいつまでも忘れません。
そして沢山の出会い、出来事は私の財産です。本当にありがとうございました」

「今後の事は何も決まっていませんが、この経験を生かして今の自分を超えられるように前を見て新しい自分にチャレンジしたいと思います。
今後とも、INAC神戸レオネッサ、女子サッカーの応援を宜しくお願いいたします。ありがとうございました」

スポンサーリンク

海堀あゆみ選手のプロフィール

海堀あゆみ
海堀(かいほり)あゆみ

生年月日:1986(昭61)年9月4日
出身:京都府長岡京市
身長:170センチ
体重:64キロ
ポジション:GK

海堀あゆみ選手の経歴

小学2年生のとき、長岡京市第四小スポーツ少年団でサッカーを始める。

中学進学と同時に大阪高槻(現、なでしこリーグ)の下部組織入り、主にMFとしてプレーする。

京都乙訓(おとくに)高校3年生時にGKへ転向。その後、トップチームに昇格。

2008年、INAC神戸へ移籍。

なでしこリーグ、通算215試合出場。

五輪出場:08年北京、12年ロンドン

W杯出場:11年ドイツ、15年カナダ

2011W杯優勝、2015W杯準優勝に大きく貢献した海堀あゆみ選手の勇姿は忘れられません。

元々、フィールドプレーヤーであったことから足元の技術もゴールキーパーの中ではピカイチでしたね。

福元美穂選手とライバルとして、五輪やW杯で正GK争いしたことが、お互いのレベルアップに繋がったと思います。

今後のことはまだ決まっていないということですが、是非ともその経験を後進に伝えるべく、女子サッカーの現場に携わってほしいですね。

お疲れ様でした。

関連記事

なでしこジャパン海堀あゆみ選手 2015W杯開幕直前インタビュー動画

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です