【画像】伊藤美紀選手のプロフィールと経歴 INAC神戸【かわいい】

伊藤美紀 INAC神戸

2014年、宮城県の名門、常盤木学園からINAC神戸レオネッサへ入団した伊藤美紀選手。

元々はサイドアタッカーで、ドリブル突破を得意としていました。

2015年からは、ボランチへコンバートされ、澤穂希選手とコンビを組みました。

「澤の最後の相方」として一シーズンを過ごし、大きく成長した伊藤選手のプロフィールと経歴をどうぞ。

伊藤美紀選手のプロフィール

生年月日:1995年9月10日

年齢:22歳

出身:青森県上北郡おいらせ町

身長:150cm

体重:44kg

血液型:O型

伊藤美紀

愛称:いときん

所属チーム:INAC神戸レオネッサ

ポジション:MF

背番号:22(INAC神戸レオネッサ)

利き足:右足

足のサイズ:22.5cm

好きな音楽や歌手:少女時代、EXILE、E-girls

休日の過ごし方:たくさん寝ること

自分の性格:負けず嫌い、怖がり、おっちょこちょい

サッカー以外のスポーツ歴(得意なスポーツ):バレーボール

目標とする選手:メッシ

好きな食べ物:ハヤシライス

嫌いな食べ物:ピーマン、なす、貝類

趣味:スケート

特技:オムライス作り

座右の銘:努力は人を裏切らない

好きなブランド:ATHLETA

好きな色:水色

好きな映画:ハリーポッター

学歴:おいらせ町立木内々小学校 ⇒ おいらせ町立下田中学校 ⇒ 常盤木学園時代

伊藤美紀

伊藤美紀選手の経歴

父、兄の影響でサッカーを始める。

おいらせ町立木内々小学校時代は、『木内々スポーツ少年団サッカー部』に所属。

おいらせ町立下田中学校時代は、八戸市のサッカークラブ『ナカスポ』に所属。

ナカスポ・・・1997年、八戸市に設立されたサッカークラブ。フットサルの大会にも出場している。

常盤木学園時代

2011年 常盤木学園高等学校に入学。サッカー部に入る。

伊藤美紀 常盤木学園時代

全国高校女子サッカー選手権大会、2回優勝(2011年、2012年)

2011年11月、U-16 AFC女子選手権(中国:南京) 優勝に貢献。

2012年9月、U-17女子ワールドカップ(アゼルバイジャン)に出場。

U-17女子ワールドカップ ニュージーランド戦

ベスト16に貢献。
(グループリーグ全勝で首位通過も、準々決勝でガーナに0-1で敗退。優勝はフランス)

スポンサーリンク

INAC神戸レオネッサ時代

2014年、INAC神戸レオネッサに入団

伊藤美紀 INAC神戸

2015年12月、皇后杯全日本女子サッカー選手権大会優勝

2015年12月 INAC神戸 

伊藤美紀選手のプレースタイル

元々、サイドアタッカーで、ドリブルを突破を得意とするプレイヤーでした。

その当時のアンケートでも、得意プレーを『スピードにのったドリブル(サイド突破)』と回答しています。

2015年、松田岳夫監督が就任すると、その適性を見出され、ボランチにコンバートされました。

日本女子サッカー界のレジェンド、澤穂希選手とコンビを組んだことで、一気に成長し、現在はチームにとってなくてはならない存在になりました。

ゲームの組み立てに参加し、安定したパスを供給できるセンスは抜群です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. 松村幸弘 より:

    頑張れ美紀!
    下田FCjr松村コーチ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です