【画像】なでしこジャパンCB熊谷紗希選手、プロフィールと経歴【かわいい】

熊谷紗希2014カナダ戦

なでしこジャパンの選手たちは皆、若いころから活躍している人ばかりですが、熊谷紗希選手も例に漏れません。

20歳で代表に定着し、翌年には2011年ドイツワールドカップで優勝して、そのまま不動のセンターバックとしてなでしこジャパンの屋台骨を支えています。

2011年ワールドカップ後にはドイツへ移籍、その後フランスへ渡って更に進化した熊谷紗希選手。

そのプロフィールと経歴をどうぞ。

熊谷紗希選手のプロフィール

熊谷紗希
熊谷 紗希
(くまがい さき)

生年月日:1990年10月17日

年齢:25歳

出身:北海道札幌市

身長:171cm

体重:59kg

血液型:A型

愛称:さき

所属チーム: オリンピック・リヨン

ポジション:DF

背番号:5(オリンピック・リヨン)

熊谷紗希

利き足:右足

好きな言葉:粉骨砕身

A代表デビュー:2008年3月7日 キプロスカップ、カナダ戦

所属チーム

真駒内南サッカースポーツ少年団 ⇒ 札幌リンダサッカークラブ ⇒ クラブフィールズリンダ⇒ 常盤木学園高校 ⇒ 浦和レッドダイヤモンズ・レディース ⇒ 1.FFCフランクフルト(独) ⇒ オリンピック・リヨン(仏)

学歴

真駒内中 ⇒ 常盤木学園高校 ⇒ 筑波大学体育専門学群

サッカーのみならず勉学にも秀でている。
常盤木学園高校には主席で入学。成績最上位者の特別クラスに在籍。

熊谷紗希 私服

熊谷紗希選手の経歴

常盤木学園高校まで

兄の影響で、その練習や試合についていったことから、小学校よりサッカーを始める。

小学3年生の時に、真駒内南サッカースポーツ少年団で本格的にサッカーを始めたが、「そのクラブでも女子は一人だった」という。

当時、澤穂希選手が、アメリカのアトランタ・ビートでプレーしていることを知り、「サッカー選手になって、必ずアトランタ・ビートでサッカーをする」と卒業アルバムに書いた。

中学時代は社会人のチームに登録するも、練習が週に2回しかなかったので中学校の男子サッカー部に練習参加していた。

2006年
中学校卒業後、親元を離れ常盤木学園高校に入学してサッカー部に入部。

1年からレギュラーの座をつかみ、3年時には主将として全日本女子ユース3連覇を果たすなど様々なタイトルを獲得した。

熊谷紗希 常盤木高校在学時

2006年?2008年
全日本女子ユース(U-18)サッカー選手権大会3連覇。

熊谷紗希 2007年第16回全日本高等学校女子サッカー選手権大会

(写真は2007年開催、第16回全日本高等学校女子サッカー選手権大会 準々決勝時)

2008年
3月、高校2年時にA代表初選出。
3月7日、キプロスカップ、カナダ戦で代表デビュー。

7月、全日本高等学校女子サッカー選手権優勝。
8月、北京オリンピックはバックアップメンバーとしての登録。
11月、U-20女子W杯チリ大会メンバーに選出。

スポンサーリンク

浦和レッズレディース時代(2009-2011年)

2009年
浦和レッドダイヤモンズ・レディースに加入。
加入初年度は主にボランチとして全試合に出場し、クラブのリーグ優勝に貢献した。

熊谷紗希 浦和レッズレディース

2010年
主将としてU-20女子ワールドカップに出場するとともに、なでしこジャパンの主力としても定着。
東アジア選手権、アジア競技大会の全試合にセンターバックとして出場し、優勝に貢献した。

熊谷紗希2010

女子アジア杯中国大会に出場。
(日本は準決勝でオーストラリアに敗れ、3位決定戦で中国に勝ち、3位)

2011年
6月、女子ワールドカップドイツ大会でもセンターバックとして全試合フル出場。
アメリカとの決勝ではPK戦で4人目のキッカーを務め、優勝を決めるPKを成功させた。

熊谷紗希 W杯優勝の瞬間

1.FFCフランクフルト時代(2011-2013年)

2011年
7月、女子ブンデスリーガ(ドイツ)の1.FFCフランクフルトに移籍した。
「技術的にも精神的にも体力的にも課題がある。ドイツでレベルアップしたい」とコメント。

熊谷紗希 フランクフルト

10月2日、バート・ノイエンアール戦で移籍後初ゴールを決めた。

2012年
ロンドンオリンピックでは全試合に出場し、銀メダル獲得に貢献。

ロンドンオリンピック 集合写真

オリンピック・リヨン時代(2013年-)

2013年
6月10日、フランス女子1部のオリンピック・リヨンに移籍。

熊谷紗希 オリンピック・リヨン集合写真

12月、女子バロンドール候補10選手に大儀見優季選手と共に選ばれる。
(ドイツのナディネ・アンゲラーが獲得)

2015年
3月、アルガルベカップは12カ国中、9位に沈む。

6~7月、ワールドカップカナダ大会、準優勝

(決勝でアメリカに2-5の敗戦)

2点目を決め、ボールを手に自陣へ戻る日本選手たち

熊谷紗希選手の獲得タイトル

クラブ
常盤木学園高等学校サッカー部
全日本高等学校女子サッカー選手権優勝: 1回 (2008年)
全日本女子ユース (U-18)サッカー選手権大会優勝: 3回 (2006, 2007, 2008年)

スポンサーリンク

浦和レッズレディース
日本女子サッカーリーグ優勝: 1回 (2009年)

オリンピック・リヨン
ディヴィジオン・アン・フェミナン優勝: 2回 (2013-14年, 2014-15年)
クープ・ドゥ・フランス・フェミナン優勝: 2回 (2013-14年, 2014-15年)

熊谷紗希 オリンピック・リヨン優勝

熊谷紗希選手のプレースタイル

闘争心溢れるプレースタイルで対人の守備能力が高い。

海外のクラブに進出してからは、元々持っていた球際の強さ、当たりの強さに磨きがかかった。

センターバックとして、ディフェンスラインを組む相手によってプレースタイルを変更する柔軟性も持ちあわせており、ストッパーとしてもスイーパーとしてもプレーができる。

持ち味は長身を生かした空中戦の強さと正確なロングフィード。

熊谷紗希 2012ロンドン

元々はボランチやサイドハーフをやっていたこともあり、足元の技術も確かなものがある。

オリンピック・リヨンを昨シーズン(2013-2014シーズン)まで率いたパトリス・レール監督は熊谷を

「彼女は堅実に守れるディフェンダーで、次の展開を仕掛けることができる選手だ。パスを出す為にどう動くかもわかっている。
そして得点もできる力もあるので、ミッドフィルダーとしてもプレーできるね。ディフェンダーとしては世界トップクラスなので、チームには絶対に必要だ」

と評して信頼していた。

熊谷紗希選手の動画

2011 中高生部活応援マガジン ヒーローインタビューの部活取材映像

2012年12月25日 東日本大震災復興チャリティマッチ「SAWA and Friends, X’mas Night 2012」

2012 Memories vs 2020 Future Dream 国立競技場

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です