スポンサードリンク

【ハイライト動画】ウェールズ VS ウルグアイ ラグビーW杯’15イングランド大会

 

【ハイライト動画】ウェールズ VS ウルグアイ ラグビーW杯’15イングランド大会

スポンサーリンク

 

ウェールズ VS ウルグアイ

 

【9月21日 AFP】ラグビーW杯イングランド大会(Rugby World Cup 2015)は20日、プールAの試合が行われ、ウェールズ代表は54-9でウルグアイ代表に勝利したものの、多数の負傷者を出す対価を支払った。

ウェールズは、前半にコリー・アレン(Cory Allen)のハットトリックに加え、サムソン・リー(Samson Lee)が1トライを記録。後半にもギャレス・デイビス(Gareth Davies)が2つ、ハラム・アモス(Hallam Amos)とジャスティン・ティプリック(Justin Tipuric)がそれぞれ1つずつトライを決めると、リース・プリーストランド(Rhys Priestland)がコンバージョンを7本決めた。

同組は地元イングランド代表とオーストラリア代表がいる厳しいグループだが、ウェールズは貴重なボーナスポイントを手にしている。

しかしながら、すでにスター選手のリー・ハーフペニー(Leigh Halfpenny)やバックスの主力であるリース・ウェブ(Rhys Webb)、ジョナサン・デイビス(Jonathan Davies)を欠いているウェールズは、アレンが後半途中に負傷退場、さらに数選手がけがでピッチを後にしており、ウォーレン・ガトランド(Warren Gatland)ヘッドコーチ(HC)にとっては大打撃となった。

アレンは今大会中の復帰が絶望視されており、ハーフペニーの代役を務めたリアム・ウィリアムズ(Liam Williams)も負傷退場となった。

さらにガトランドHCの頭を悩ませるかのように、フォワード陣でも負傷者が相次ぎ、リーやポール・ジェームズ(Paul James)、そしてそのジェームズに代わって途中出場したアーロン・ジャーヴィス(Aaron Jarvis)らが途中交代となった。

ウェールズは次戦、26日に行われるイングランド戦に臨む。(c)AFP

 

スポンサーリンク

 

ウェールズ VS ウルグアイ ハイライト動画

またはコチラ

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。