スポンサードリンク

【ハイライト動画】イングランドVSウェールズ ラグビーワールドカップ2015イングランド大会

 

【ハイライト動画】イングランドVSウェールズ ラグビーワールドカップ2015イングランド大会

スポンサーリンク

 

イングランドVSウェールズ プールA

【AFP=時事】ラグビーW杯イングランド大会(Rugby World Cup 2015)は26日、プールAの試合が行われ、ウェールズが28-25でイングランドを退け、「死の組」で重要な勝ち点を挙げた。

ウェールズはこの日、イングランドに2度も10点差をつけられていたものの、残り9分でギャレス・デービス(Gareth Davies)が値千金のトライを挙げると、ダン・ビガー(Dan Biggar)がコンバージョンを決めて25-25の同点に追いついた。

最後は、ビガーが約48メートルの位置から7本目のペナルティーキックを決め、イングランド戦で23得点をマークするというウェールズ史上初の快挙を成し遂げると、チームを28-25で勝利に導いた。

残り3分でペナルティーを獲得したイングランドだが、難しい位置からのキックで同点を狙うのではなく、最後まで攻撃することを選択した。

しかし、これをウェールズがしっかりと抑えると、イングランドのスチュアート・ランカスター(Stuart Lancaster)ヘッドコーチ(HC)はあからさまに不快感を示した。

「がっかりだ」としたランカスターHCは、イングランド代表がペナルティーキックを選択しなかったのは「愚かな」間違いだったとコメントした。
【翻訳編集】AFPBB News

 

スポンサーリンク

 

イングランドVSウェールズ  ハイライト動画

ハイライト動画(3分33秒)

 
ハイライト動画(4分24秒)

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。